home
:: 2008年

官能小説家を束縛中

官能小説家を束縛中

ガッシュ文庫(海王社)
ISBN978-4-87724-950-2
2008年10月28日発行 552円+税
挿絵:かんべあきら

「緊縛ものの名手」として熱狂的ファンを獲得している官能小説家・綺羅清流を名乗る左京は、鈴蘭の家の離れに住んでいる。そして鈴蘭は、無口な左京が表舞台に出る時の「身代わり」をしている。大好きな左京には小説だけ書いていてほしいから、編集者とのやり取りも雑誌の取材もぜんぶ鈴蘭の仕事。一方通行の気持ちでも鈴蘭を必要だと思ってくれるならそれでいい。それに実際に縛って確かめたい時だけ左京はセックスしてくれる。でも鈴蘭の身体は開発されきって、左京の愛がなくても感じてしまう。
ねえ左京、いつまでぼくを抱いてくれるの?

Amazon.co.jpで買う
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。